電気ロードヒーティングの修理

電気ロードヒーティングですが、ここ数年、ヒーターが漏電して使用できないと

調査と修理依頼が来るようになりました。

実際に修理する場合、ヒーターは地面の中にあるので

下の写真のように、漏電場所を探す特殊な探査装置を使います。

48780-19

場所を特定できたら掘削をして、悪くなった部分を取り替えます。

48780-27

最後に絶縁検査をして完了です。

悪い場所さえ分かるとそれほど難しい修理ではないのですが、

施工状況によっては、場所がなかなか特定できない場合もあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です