休日のおでかけ

誘われて、古布をつかった作品展を見に

とある住宅街の中にある喫茶店へ行きました。

古い民家を利用したところで、黒光りの木の床から歴史が感じられる

レトロな建物でした。

そこの門柱の前に骨董品(であろう)のお皿を水盤にして

お庭で採った葉っぱと、(おそらく)開ききってしまったチューリップの花びらを

浮かべたものが置いてあったので写真をパチリ

門柱の前にさりげなく置かれていました。

 ↑きっとお正月にはここに門松が立つんだろうな

 距離を離して家全体を撮ればよかった。

わざわざお花を買ってこなくてもこれならできそう。

さりげないといえばこれも・・・

ちいさなお茶会   

塀の裏側では小さなお茶会が催されていました。

カテゴリー: 札幌日記, 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です